これは、ヤフー知恵袋が当てはまりますね。この「誰でも参加できる」と言うことです。それ同時に、大きな問題点も抱えています。(汗)誰もが参加することが出来ると言うことは、逆に言うと「悪意ある回答や質問を行う者」とか、「まだ社会常識を理解していない子供!」とか、「パソコン初心者」とか、「営利目的の人間」などが利用する可能性も考えられると言うことになりますよね。(汗)そして実際、そういった人の書き込みが多数見受けられます。(汗)また、場合によっては汚い言葉で罵られたりすることもあります。また、絡まれたりすることもありますよ。

そんな中で、このヤフー知恵袋がサービスとして成立しています。そして、普及しています。また、定着した最大の要因でもあります。あと言える事は、信頼性をハッキリとできるシステムを搭載しているからですね。例えば「この人の回答なら信頼できる!"!"」その最たる例が、「ベストアンサー」と言うシステムになります。『ベストアンサー』これは、ある質問に対して、回答受付期間内(7日間)において書き込まれた回答で、最も素晴らしいひとつの回答に対し質問者が指定することの出来る制度です。言い換えると、つまり、最も優れた回答に対して贈られる「称号」ということになりますね。

このベストアンサーは、回答の精度、正解か不正解か、真実か否か、と言う点が必ずしも重要視される訳ではありませんよ。質問者が「この答えが一番」と判断した回答に対して贈られるものとなっています。~とは言っても、殆どのケースで、的を射た回答がベストアンサーに選ばれていますね。また、より詳しく、より親身になって答えている文章に対しては贈られる傾向が圧倒的に多いようですね。過去に何度もベストアンサーに選ばれている人の回答なら、当然、信頼性は増すという訳ですね。(笑顔)